シミの種類と原因・シミ取りについて学ぼう

シミの無い肌へ
医者

レーザー機器について

美容皮膚科などのクリニックでは、シミを取り除く際にレーザー機器を使用します。こちらでは、そのレーザーの種類や特徴について詳しく解説しています。クリニックでの治療をお考えの方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

View Detail

ドクター

シミ治療の流れについて

シミは紫外線対策などで予防することもできますが、できてしまったシミは美容皮膚科で外用薬や内服薬、レーザー機器を使用し治療をすることをおすすめします。こちらでは美容皮膚科でのシミ取り治療の流れについてご説明します。

View Detail

シミの種類と治療法

鏡を見る女性

シミにはさまざまな種類があります。そして、それぞれのシミの原因やシミに対しての対処法もさまざまです。もしシミ取りの際に対処法を間違ってしまうとシミを悪化させてしまう可能性もあります。そうならないためにも、シミの種類や取り方をきちんと理解しておくことが大切です。
シミには、そばかす・老人性色素斑・肝斑など、さまざまな種類があります。
そばかすは、頬の部分などに細かくできる茶色くて小さなシミのことをいいます。このそばかすは遺伝性が強く、子供の頃にできることが多いです。この遺伝性のそばかすは、思春期以降に消えることもあります。ですが、大人になってそばかすができてしまうとなかなか消えてくれません。そばかすは紫外線などが原因でできます。この紫外線による刺激でメラニンが刺激されて増えることによりシミができてしまうのです。そばかすができないためには、普段から日焼け止めを塗り、紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。
老人性色素斑は、長い間受けてきた紫外線が原因でできてしまうシミです。大きさは5〜20mmほどで、薄茶色の丸い形のシミです。「老人性」と名前についていますが、人によっては20代などの若いうちからできてしまうこともあります。老人性色素斑は今までに受けてきた紫外線が原因でできてしまうシミなので、こちらも普段からの紫外線対策をしっかり行うことが大切です。
肝斑は、頬や額部分に左右対称でできるシミのことをいいます。妊娠したことによりできてしまったり、女性ホルモンが乱れたりしてできることもあります。また、紫外線やストレスが原因でできてしまいます。肝斑は他のシミと同時にできてしまっていることも多く、美白用の化粧水などでの改善はなかなかできないので注意が必要です。
それぞれのシミは日頃から気をつけておけば対策ができますが、できてしまったシミが気になる場合、クリニックでのシミ取り治療がおすすめです。飲み薬や塗り薬で治療を行う場合もありますが、レーザー治療や光療法でシミを取り除くことも可能です。飲み薬では、色素を体の外に排出する働きを促進して治療を行います。原因のわかっているそばかすなどにはレーザー治療が有効です。レーザーを当ててメラニンを壊し、体の外へ排出するのですが、早い人では1回でシミがなくなる方もいます。

女性

シミ取りにかかる料金

シミを取り除く際に使用するレーザーは、それぞれのシミの症状に合わせて使用する機器を変えていきます。そのシミ取りレーザーで治療してもらう場合にかかる料金や、その他の治療法である外用薬の料金についてご説明します。

View Detail

カウンセリング

良い医師を選ぶには

シミ取りの治療をしてくれる美容クリニックを選ぶ際、一番重要なのは自分に合った良い医師を選ぶことです。その医師の選び方についてご紹介しますので、クリニック選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

View Detail

頬を触る人

カウンセリングの受け方

美容皮膚科で治療を行う前に、まずカウンセリングを受けます。これからそのカウンセリングを受ける予定のある方は、こちらで正しいカウンセリングの受け方を読んで、シミ取り治療の不安を取り除いておきましょう。

View Detail