シミの種類と原因・シミ取りについて学ぼう

ウーマン

レーザー機器について

医者

皮膚の中にあるメラニンが増え、茶色くなってしまった部分をシミといいます。美容皮膚科などのクリニックでは、レーザー治療を行いシミを取ります。レーザー治療では皮膚のメラニン色素を破壊するなどの効果がありますが、痛みはほとんどありません。また、メラニン色素を直接破壊するので正常な皮膚も傷つけることはありません。それにより、シミを取りたい際にクリニックのレーザー治療を使用する方も多くいるのです。
クリニックで顔などのシミ取りを行う際に使用するレーザー機器には、さまざまな種類があります。通常は、炭酸ガスレーザーやルビーレーザーなどを使用します。そのレーザー機器についての特徴をご紹介します。
炭酸ガスレーザーは、主にいぼやほくろなどの治療に使用します。水分に吸収されやすい赤外線を利用したレーザーで、水分がある皮膚の内部へレーザー光を吸収させることが可能です。盛り上がりのあるシミなどを切開して切り取ります。血液も一瞬で固まるため、メスなどを使用するより出血が少なく済みます。
ルビーレーザーはパワーが強く、顔のほとんどのシミに有効なレーザー機器です。主に老人性色素斑などのシミを取り除く際に使用しますが、肝斑には逆効果なので使用できない機器になります。
クリニックでレーザー機器を使用して治療を行う際は、まず診断とカウンセリングを行います。カウンセリングの際に治療法や治療にかかる期間、金額や自宅でケアを行う方法などの説明を聞き、その後治療をします。レーザー治療は短時間でできる治療ですが、皮膚に直接当てるため怖いと思う場合もあるでしょう。その場合は不安を取り除くためにも、カウンセリングで気になることなどは質問をし解決しておくと良いでしょう。